京橋界隈のラーメン・つけ麺屋でわたしが一番好きな麺屋もりき都島店のメニュー

麵屋もりき都島店さんは「ラーメン」「つけ麺」をメインとしてて「チャーシュー飯」や「水餃子」がサイドメニューであります。

券売機(2021年5月時点)

水餃子は食べてませんが、大概のものを食べましたので、好きな順に紹介していきます。

私が食べた商品は以下の通りです。

2021年5月時点の価格ですので、最新の価格は実際に伺って確認してください。

商品名価格
(税込消費税10%)
つけ麺(特大)1,050円
鴨つけ麺(特大)1,580円
アンガス牛とガリシア栗豚の
ひき肉まぜ麺
850円
ガリシア栗豚のとろける
チャーシュー飯(小)
350円
ラーメン
※無料で大盛可
2021年9月より大盛不可
750円
鹿児島産若鳥の
チャーシュー飯(小)
350円

ちなみに、上記の表の順番は「おすすめ順」ではなく私が食べた順番です。

ここからはおすすめ順で紹介していきます。

麺屋もりき都島店でまず食べていただきたい「つけ麺」

並:850円
大:950円
特大:1,050円

つけ麺特大(1,050円)

つけ麺大(950円)

太麺!

このきしめんみたいな太麺が特徴的です。

そして食感が、もっちもちのむっちむち。

きしめんのように太いですが、食感は全然違います。すごくしっかりしたコシ!

この麺に私は惚れちゃいました♪

つけ汁の写真を撮っていませんが、このお店は

スープ割なし!

ドロドロのスープを麺にしっかりつけて食べていっても、スープが残るんですが。スープ割しないですけどそのまま飲んじゃいました。

それくらいおいしいつけ汁。

2021年5月16日に再撮影したつけ麺のつけ汁

つけ汁はこだわらりがあるようで「ガリシア栗豚のとんこつ、数種類の野菜や果物、魚介、国内産味噌、上質醤油使用」とお店の説明に書かれていました。

甘みがあるんですよね、その甘みが野菜や果物からきているということがわかりました♪味噌のコクもあって、とにかくおいしいので食べてください♪

結局色々食べましたが、私は今後これを食べに「麵屋もりき都島店」に行き続けると思います。

2回目は大盛をいただきましたが、大盛でも十分多いですね。

今度はつけ麺並とライスを頼んで残ったつけ汁にライスを入れてリゾット風にして食べたいって思っています。

店主さんが忙しそうにしているので、なかなか「生ニンニク」を頼みにくいですが、今回も頼んでつけ汁に入れて食べてみました。

めちゃくちゃうまい!

半分くらい食べたところで入れることを、個人的にはお勧めします。

何気に毎週食べに行っており、20回以上食べております。

途中で山椒をかけてほしい!

上の写真は、食べてる途中で参照をかけている画像は汚らしいので最初にかけていますが、半分くらい食べたら「山椒」をかけることで、生ニンニクと山椒が組み合わさり、最強の食べ物に変化します。

私も模型仲間から教えていただき、実践しましたが本当においしい♪まだの人はぜひ試してください♪

麺屋もりき都島店でコスパ最強なのがラーメン

2021年のGWはもりきで始まり、もりきで終わるという感じで、そこからも麺屋もりきさんにいきまくっているという状態です。

半月でまさかほぼ全種類の商品を食べつくすとは・・・。

それくらい興味深いお店なんです♪

そして、一番コスパがいいのがラーメン!!

ドカベンの岩鬼が口にくわえていそうな葉っぱがのっています。もりきさんの特徴ですよね、どの商品にもこの葉っぱがのっています。

ラーメン:750円

大盛無料

コスパ最強ですよね。

2021年9月からこのような表示がありました。

大盛ができなくなった新ラーメンについてもレビューしたいと思います。これから先のレビューは旧麺なので、今は参考になりません・・・。

そしてこのラーメンなんですが、若干太麺です。

このラーメンもうまいし大盛無料だから安いし、これも食べたいがせっかく行ったならつけ麺を食べたいし・・・。

お金をちょっと抑えたいのであれば、ラーメン大盛は選択肢としてありです♪

世の中にはつけ麺が嫌いな人もいるので、つけ麺が嫌いな人と一緒にお店に行っても、自分はつけ麺、相方はラーメンというように頼めば、お互いしあわせ♪

つけ麺専門店ではできない芸当ですね♪

ラーメンは「地鶏と国産モミジ(鶏の脚)、数種類の野菜と果物、魚介、貝類(ハマグリ、あさり、ムール貝)、上質な岩塩を絶妙なタイミングで煮込んだ、うまみとコク、コラーゲンたっぷりのスープ」とお店の説明に書いています。

塩ラーメンだったんだ・・・

旨みの塊で何ラーメンか気にしておりませんでしたが「塩」ラーメンのようです。

特徴的にはすごく「甘い!」でも嫌な甘さではなくて、鍋を食べているとしめのラーメンとか鍋の煮汁が白菜などの野菜の旨みで甘くなる、そんなイメージです。

すごくいい甘さ♪

そしてこのお店は「生ニンニク」を頼むと出してもらえます。

これを食べ進めて半分くらいのところで投入すると!

めっちゃうまい!!

味変です味変!!

つけ麺には入れたことがなかったんですが、このお店のラーメン屋つけ麺は「生ニンニク」が合うようなので、皆様も勇気を出して店主さんに「生ニンニクください!」といって生ニンニクを出してもらいましょう。

快く出していただけます♪

麺屋もりき都島店で一回は食べてみてほしい鴨つけ麺

並:1,380円
大:1,480円
特大:1,580円

チャーシューがなくなり、巨大な鴨肉が入ります。

私は個人的にはチャーシューがめちゃ好きなので、鴨に変わってしまった・・・。って思ってしまいました。

しかし、この鴨肉めちゃくちゃ柔らかくておいしい!!

骨付きなので食べにくいというところがあります。

でも一回は食べてみてもいいと思います♪

ふつうのつけ麺にはなかった油のようなものが浮いています。

お店の説明で「つけめんスープに濃厚鴨肉のうまみとコクを合わせた贅沢な仕上がりのつけ麺」とあります。

旨いけど、ちょっと高い・・・。

とはいえ、1回は食べてもらいたい一品です♪

麺屋もりき都島店のチャーシュー飯はラーメンとの相性がいい

小は豚もとりも「350円」。

ラーメン大盛でちょっと小腹がすくという方はこちらも頼んでみたらいかがでしょうか?

ガリシア栗豚のとろけるチャーシュー飯(小)

小なのでそれほど多くはないです。

サイズ感はこんな感じ。

ビジュアルも素晴らしく、味もおいしいのですが、肉に対してコメが多く、少しの肉で大量の白米を食べないといけませんでした。

味付けが濃いからいいのですが、つけ麺を特大にしたらおなか一杯になっちゃうので、今後はラーメンを食べるときにつけるかどうするかを検討するくらいですね。

鹿児島産若鳥のチャーシュー飯(小)

こちらも350円。

ビジュアル最高です♪

こちらも具とコメの量のバランスがコメが多めに感じます。

ラーメンと一緒に食べてれば、ラーメンをおかずに米を食べれるので、好みですね。

私は鶏よりも豚のチャーシュー飯のほうが好きです♪

麺屋もりき都島店のまぜめん

850円で温と冷を選べます。

私は麺のこしが欲しいので冷にしました。

麺はつけ麺と同じ麺で、食感はすごくいいのですが、まぜ麺全体がこの強すぎる麺を制御できていないと感じました。

この麺にはあのつけ麺の濃厚なつけ汁だから合っている。

個人の感想なので何ともですが、私は今後もつけ麺を食べたいって思っています。

若干麺がぬるいのも気になりました。